OCEAN SPIRAL Emotion Your Heart

THE LAST FRONTIER = OCEAN

FIELDOCEAN SPIRALが挑戦する
事業領域

  • 莫大な可能性を秘めた
    地球最後のフロンティア

海のポテンシャル

海は地球上の生物の90%が存在し、地球と人類の歴史が残るロマン溢れる場所です。海に眠る莫大なエネルギーや資源は、人類にとって不可欠なもので、人類の進歩に繋がる可能性を秘めています。

2015年マイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏が発見した、戦艦武蔵の映像版権は1000億円の価値があると注目を集めました。現在、戦艦だけでも300万隻以上が海底に沈んでいます。海は私たちの想像を遥かに超えた未知の場所であり、地球最後のフロンティアです。

MARKET

海のポテンシャルと顕在市場の大きな開き

近年、モルディブの海中ホテルや、メキシコの海中美術館、マイクロソフト社の海中データセンター、富裕層向けの潜水艇など、海を舞台とした新しいビジネスが次々と誕生しています。
現在の海洋ビジネスの市場規模は約20兆円ですが、2030年には40兆円にまで広がると試算されるほど、海洋はポテンシャルを秘めた成長市場です。

限られた人しか
アクセスできなかった“海中世界”

世界最深部のマリアナ海溝(水面下10,911m)まで潜水すると、指先1cm程に約1トンの水圧を受ける過酷な環境のため、海中調査には特殊な技術と、莫大なコストが必要で、限られた人しかアクセス出来ていません。そのため、未だ海の全容を解明できず、潜在市場を掘り起こせていない大きな阻害要因となっています。

CHALLENGE

私たちのチャレンジ「海を日常の場に」

私たちが取り組む課題は”海の日常化”。誰もが海を目指せる状態を作る事で海の理解を促し、莫大な市場創出を可能にします。そのためには先ず、ロケットの役割を果たす、SEA BALLOONの開発・運用を通し、誰もが海中を目指せるようにします。世界初のリーズナブルな海中旅行の実現し、より多くの人々に海の魅力を伝え、海の日常化に取組むと同時に、莫大な市場創出の第一歩を踏み出します。
海洋市場の発展のためには、SEA BALLOONの開発だけでは為し得ません。海の日常化には、SEA BALLOONを多数展開し、誰もが世界中の海へアクセスし易い環境を作る必要があります。そのためには、革新的なハードの開発に加え、SEA BALLOONを世界中の海で容易に展開するためのビジネスモデルが重要です。SEA BALLOONの量産により、コストダウンを図り、行く行くはより安価な調査研究も可能にすることで、海の解明に寄与し、潜在市場を掘り起こすことが可能となります。

宇宙ビジネスと海洋ビジネス

海を領域としたビジネスは、近年注目を集めている宇宙ビジネスと多くの類似点を持っています(下図参照)。両ビジネスでは、市場環境の変化によって、民間への参入障壁が下がり、多くの企業が進出することで、市場規模の拡大と同時に宇宙・海洋の解明が進んでいます。特に海洋は、宇宙と比較し格段に近い距離に存在する事と、比較的安価にアクセスが可能な事により、より短期間での市場の爆発的拡大が期待できます。

BUSINESS MODEL

SEA BALLOONによる海中旅行をテーマとした
プラットフォームビジネスを展開

私たちは先ず、少しでも多くの人を神秘的な海中にいざない、魅力を知ってもらう為の仕組み=プラットフォームを構築し、業務提携パートナーとの連携を通じた、SEA BALLOONによる海中旅行をテーマとしたレジャー事業を展開します。

SEA BALLOONの導入により、運営やサービス提供等の新しい雇用や、導入地域における話題性が生まれ、ハイエンドの観光客や利用者が訪れることで、地域経済が活性化。上記プラットフォームの構築により、海洋ビジネスへの参入障壁を下げ、様々な新規事業開発や雇用効果をもたらすと共に、世界初のSEA BALLOONが提供する話題性や海の魅力により海の環境保全への機運を高めます。

TOPICS

SEA BALLON 世界一周計画

2020年、SEA BALLOON第一号機の完成と同時に世界一周の海中旅行を企画しています。
お客様に海中旅行をお楽しみいただきながら、私たちの運営基盤を確立します。
その後、SEA BALLOONは世界の全人気ダイビングスポットへの導入をめざし、
いつでも海中旅行を楽しめる環境=海の日常化の実現します。

CORPORATE会社紹介

オーシャンスパイラルは、海を通じて
すべての人に豊かな心満たす感動の提供と、
豊かで美しい海を日常の場とする
人類の新しい未来を創造する企業です。

会社紹介映像

CONTACT USお問い合わせ

Sales & Marketer

グローバル展開とPRの仕組み

世界各国の証券会社やデベロッパー等と提携する事で、営業やマーケティング機能を拡張し、SEA BALLOONの普及をレバレッジします。

CLOSE

Owner

ファンド&所有権の仕組み

製造資金の調達をより容易にする為、SEA BALLOONの投資商品化等、様々な資金調達オプションを提供する事で、数多くのオーナーにSEA BALLOONを所有してもらい量産を行います。

CLOSE

Operator

リース(導入)の仕組み

SEA BALLOONの運用は提携先のオペレーター(地場のレジャー事業社等)に委託し、独自のフランチャイズシステムにより運営の支援を実施する為、導入先の拡大が容易になります。

提携について、
詳しくはお問い合わせください
CLOSE

Manufacturer

SEA BALLOON製造の仕組み

世界屈指の技術力を誇る米Triton Submarines社と、船舶と潜水艇(海中空間)がドッキングする構造をもった独自の船舶を共同開発する事で、従来の潜水艇と比較し、各国の規制を受けづらく、小型化を可能とした船舶を製造し、安価な製造・運用コストを実現します。

| 提携先 |

CLOSE