PRESS

 オーシャンスパイラル株式会社(URL:http://ocean-spiral.com/ 本社:東京都港区、代表取締役:米澤徹哉)は、エンジェル投資家を引受先とした7,500万円の第三者割当増資を実施しました(資本金1億2612万円。資本準備金含む)。これにより体制を強化し、海中が日常化した未来を目指して、世界初の「海中バルーン」の2020年完成に向けて着実に取り組んでまいります。

オーシャンスパイラルは、海中を誰もが利用でき、日常化する未来を目指し、世界初となる「海中バルーン」の製造計画を推進しております。海中バルーンでは、未だかつてない「海中エンターテインメントの創造」や、「海中空間のレンタル」を通して、海中空間の一般利用、企業のプロモーション利用、サービス提供の場の創出を実現するために「海中プラットフォーム」プロジェクトを推進しております。

3/8日の本プロジェクト公開より、Twitterを活用した「海中バルーン」の口コミは開始5日で300万インプレッションを獲得し、実際にアクションしたユーザーは16万人に及び、さらには雑誌、Webメディアでの掲載など期待感が高まっています。

1.海中バルーンの可能性
「海中バルーン」は、海中を漂う気球を彷彿とさせる球体構造で、海中に「プライベート空間」を提供することができる世界初の乗り物です。利用者は、年齢や身体の制限やスキル、装備の必要がないため、誰もが海中を思い思いの利用方法で楽しむことができます。

海中での楽しみ方

(海中バルーンの利用シーン)
・海中旅行 ・海中ウェディング
・海中レストラン ・海中女子会
・海中ヨガ ・海中誕生会 など

2.世界で拡大する、海中市場や観光市場
近年のエンターテインメントやレジャー、ヘルスケアの人気を背景に、海中は非常に高いポテンシャルを秘めた市場になると考えられます。現在、欧米を中心に、海底ホテルや海中美術館、海上ハウス、水中レストラン、海中データセンター、海流発電など「陸上から海中へ進出」する多様な取り組み(構想段階を含む)が増えております。

(関連データ)
• 世界のクルーズ人口は、10年前の1.7倍に急増
• アウトドアの消費額は、約65兆円(うちマリン分野は8.6兆円)と年々増加
• ヘルスツーリズムの世界市場は、年平均約9%の成長率で拡大し、2017年には68兆円規模に

3.エンジェル投資家からのコメント
オーシャンスパイラル社が行う海中事業に対して、非常に高いポテンシャルを感じています。宇宙ビジネスが活況を呈している中で、その宇宙が日常化するより早く海中が日常になる事は容易に想像できます。同社プロジェクトでは、海中の一般利用のみならず、企業への海中空間のタイムシェアサービスや「海中を所有する」をコンセプトとした海中バルーンの区分所有など非常に秀逸なビジネス戦略も魅力を感じ、今後グローバルに躍進する企業だと考えております。そして何より、同社代表の米澤氏の本事業にかける想いや、真っ直ぐな瞳は本プロジェクトを実現させる人物であると思います。今回の投資は、計り知れない可能性のある同社の構想に対して、応援したく出資いたしました。

会社概要
会社名:オーシャンスパイラル株式会社(OCEAN SPIRAL株式会社)
代表者:代表取締役社長 米澤 徹哉
所在地:東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11階
TEL:03-5778-5272
資本金: 1億2612万円(2018年4月1日現在)
URL:http://ocean-spiral.com/
E-Mail:thanks@ocean-spiral.com
事業内容:海中エンタテイメント空間の創造、海中のバルーン開発等

PAGE TOP